様々並んだカキ氷のシロップ、本当は合計おんなじ味だった

夏、やたら食べたくなるものの一部に、かき氷があります。
縁日の屋台に行けば、色とりどりのシロップが並び、どれをかけようか目移りしてしまうよね。
それでもこういうシロップ、テーストは一緒だということをご存知でしょうか?
かき氷のオープニングと合わせて紹介していきます。

かき氷のオープニングは安息時からで、枕草子や源氏品物の一節にも、記述があります。
清少納言の枕草子「目途なる代物」では、刃物で削った氷に甘葛をかけて食べている様子があります。
紫式部の源氏物語では、夕刻の宮中で母親たちが氷をバストや額に押し付け涼む印象が描かれている。
当時は、貴族などのVIPのみが楽しむ代物だったようです。

明治以上では1869時期(明治2時期)、横浜における馬車裏道で、アイスクリームを日本で本元させたといわれる町田房造が始めて氷水店先を開業しました。
1874時期(明治4時期)、中川喜兵衛が五稜郭出先壕の天然氷を横浜に輸送する状況に成功しました。
当時、米ボストン産の輸入氷「ボストン氷」よりもプレミアム、更に安上がりであったことや飲食に適していたため、かき氷が民衆に普及する切っ掛けとなりました。
第二次回風土大戦前では、氷の上に砂糖をふりかけた「スノー」、砂糖蜜をかけた「みぞれ」、小豆餡をのせた「金時」が定番になっていました。

シロップはどれもおんなじテースト?
目下、全てのシロップというわけではありませんが、果汁が入っていないシロップの味付けはどれも一緒です。
色付け料のコントラストとエッセンシャルオイルの香りで、脳が思い違いしてそれぞれのテーストを認識して仕舞うのだとか。
実際に眼を閉じて食べると確かにおんなじテーストに感じるから不思議ですね。blog.mindoverflow.info